« 掃部ヶ岳(カモンガタケ) | トップページ | 山行 高山不動・関八州見晴台 »

2013年5月13日 (月)

ふき味噌作り損ないの記

5月13日(月)

むし暑しまたもインクが切れそうだ

Img010
一昨日のふれあい祭りでは、有料で気球に乗れる催しもありました。私は9時頃現場をあとにしたのですが、すでに乗っている人もいました。

○精障者作業所「みちくさ」へ。

○ハイコーポ(我がマンション)の清掃に供えて、植木バサミを研ぐ。

ハイコーポの植木バサミ、全部で9本ほどあるが、うち2本は大きく刃が欠けていて、とても荒砥くらいでは研げない。グラインダーが必要で、パスする。残り7本のうち、今日は3本だけ研ぐ。それも多少の刃こぼれは残したままである。本気で研いだら1本に2時間くらいかかってしまう。ちょっとそこまではできかねる。それでも、研ぐ前に比べれば、雲泥の違いはあるよ。

○昨日の山行の帰り、地元の物産展で蕗の薹を買ってきた。ふき味噌を作ろうという魂胆である。蕗の葉で作った佃煮がうまくて、今は酒のおつまみにチビリチビリと食べています。ふき味噌も酒のつまみに良さそうだと思ったのですね。

まず、インターネットのレシピで調べる。その中から気に入ったレシピを選び、プリントアウトする。で、蕗の薹を探したが、何処にもないのです。バスの荷棚の上に忘れたみたい。

何時もと同じドジ話でした。蕗の葉の佃煮を、大切に食べるしかありません。

|

« 掃部ヶ岳(カモンガタケ) | トップページ | 山行 高山不動・関八州見晴台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/51615880

この記事へのトラックバック一覧です: ふき味噌作り損ないの記:

« 掃部ヶ岳(カモンガタケ) | トップページ | 山行 高山不動・関八州見晴台 »