« 臨時みちくさ | トップページ | 原発技術の輸出 »

2013年5月 2日 (木)

五大尊つつじ公園・山吹の里

5月2日(木)

駄句・駄句

乗り換えの駅の階段初つばめ
初夏の野は緑の濃淡あるばかり
つつじ園爺のぐち言う婆に遇う
喧嘩する相手はなくてつつじ園
地を這って護岸工事や春の水
山吹の里に観光水車かな
山吹に水車ゆるりと廻りけり
スクリーンを上げて車窓の初夏の
春の風女性駅手の笑顔かな
死ぬ場所に不自由話し藤の花
人間は一度だけ死ぬ花幾たび
門柱に鉄線からみついて咲く

俳句の中に春と夏が同居だ。暦の上では五月五日が立夏。この季節、春の日もあり、夏の日もあり、冬もある。

Img002
著名人ではありません。新聞の折り込み広告から

○五大尊のつつじ・山吹の里

越生の五大尊つつじ園

Img_7091
Img_7094
Img_7097

Img_7099
ちょうど見頃でした。つつじを見たあと、越辺川の岸を歩き、山吹の里へ。山吹は八重は咲いていましたが、さすがに盛りは過ぎていました。
Img_7124

|

« 臨時みちくさ | トップページ | 原発技術の輸出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/51466302

この記事へのトラックバック一覧です: 五大尊つつじ公園・山吹の里:

« 臨時みちくさ | トップページ | 原発技術の輸出 »