« いつまで(どこまで)つづくぬかるみぞ | トップページ | 板橋区を歩く »

2013年5月25日 (土)

啓明荘

5月25日(土)

人の輪に入れぬ人や青嵐
「蛇がいる!」その声で見る指の先

○こぶし福祉会後援会主催、啓明荘の餅つき。

精障者の当事者、父母、施設の職員、ボランティアなどの餅つき。

西武線武蔵横手駅から啓明荘まで、だらだら歩き。私が先頭。心して、ゆっくり、ゆっくり歩く。当然足の速い人は先に出ようとする。私の目の届くところならばいいが、あんまり離れないようにと声を掛ける。遅い人はどんなにゆっくり歩いても疲れてしまう。猛烈な暑さでなくてよかった。

餅をつきでは、私は臼の中の餅をひっくり返したり、杵の先に水をつけたり。終わって、搗きたての餅を食べ、豚汁を食べ、一休みして帰途に。

帰りも先頭。

○夜、1丁目自治会役員会。終わってから軽く飲み会。

好きだから本当は終わりまでつきあいたいが、明日は「歩く会」がある。少し早めに起きなければならない。

中座して、今このブログを書いているというしだいです。

|

« いつまで(どこまで)つづくぬかるみぞ | トップページ | 板橋区を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/51774547

この記事へのトラックバック一覧です: 啓明荘:

« いつまで(どこまで)つづくぬかるみぞ | トップページ | 板橋区を歩く »