« 木の枝時計 | トップページ | 逆外反母趾 »

2013年4月23日 (火)

国粋主義は嫌い

4月23日(火)

春風に竹を抱えて歩きけり
春風やジョギングウーマンいい匂い

鉛筆のスケッチ
Img026
たまにはこんなのも。

安比奈公園の先まで散歩をかねて篠竹苅り。

篠竹はみちくさの畑で使うもの。スナックエンドウの支柱にします。スナックエンドウは40本以上芽を出しています。その支柱を買うのは費用がかかりすぎます。そこで、河川敷の竹藪から戴くことにしました。

篠竹の藪は、安比奈公園のそのまた先で、わが家から私の足で1時間20分。剪定バサミで篠竹を苅り、枝を払ってみちくさまで、抱えて帰りました。

こう書くと大変そうでしょう? 篠竹の30本や40本、軽いんですよ。こちらの目的は、第一に散歩ですからね。

169人の国会議員が靖国神社に参拝したそうです。国会議員には、そんなに右翼が多いんですか? 

もの心ついたころ、私は市ヶ谷に住んでいました。戦争中でした。近くに靖国神社があって、ガキ大将に連れられて靖国神社に遊びに行ったものです。

その後疎開をして、東京に帰った時の住みかは高円寺でした。再び靖国神社を訪ねたのは、戦後何年たったころだったでしょうか。その時の靖国神社の印象は、何という国粋主義、気持ちが悪くなるほどの国粋主義に固められらた社、という印象でした。

日本人だから、日本のために戦った人を祭り、その人々に感謝するという理屈は分かるのです。でもあの祭られ方は・・・。

こんな書き方をすると、お前は日本人じゃないのか、とか、左翼だからだ、とか言われそうです。愛国心がないとかね。

でもね、私は左翼の国粋主義だって嫌いですよ。何かといえば、愛国反日、とスローガンを掲げて騒ぐ人々を好きにはなれません。右でも左でも、狭量なナショナリズム、国粋主義ほど嫌なものはありません。

靖国神社には、戦争犯罪人も祭られています。昭和天皇は戦犯が祭られたときをさかいに、靖国神社への参拝をやめられました。今上天皇も靖国神社への参拝をされていません。陛下は愛国者ではないとでも言うのでしょうか。

麻生副総理は参拝しました。伯父の吉田茂は参拝したのでしょうか?ちょっとそのことが知りたくなりました。参拝したとすれば、天皇が参拝をやめたあともしたのかということも、誰か知っている人は教えてください。

|

« 木の枝時計 | トップページ | 逆外反母趾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/51347735

この記事へのトラックバック一覧です: 国粋主義は嫌い:

« 木の枝時計 | トップページ | 逆外反母趾 »