« 車椅子と仲間の会の新年会 | トップページ | 講演会の相談 »

2013年2月13日 (水)

奥日光、滝めぐり

2月13日(水)

まずは昨日と一昨日の奥日光旅行の報告。

11日12日の俳句・なるべく頭を俳句モードにして

雪の宿

雪に影落として列車北上す
せせらぎの音に風花舞そむる
波凍ててボートは雪にあげられし
凍て波の寄するは荒し山の湖
汗ばみて凍て滝見んと登りけり
吹きつけて滝凍らせて風の音
きしきしと雪踏み歩む滝めぐり
雪見んと旅に出にけり淋しさに
暮れゆけばひしひし淋し雪の宿
静かさや一人酒呑む雪の宿
はらわたに熱く沁みゆく雪見酒
陽を受けて雪山しかと覚醒す
雪嶺に朝の歓喜のありにけり
湖面より湯気立つ今朝の寒さかな
文庫本閉じて車窓の雪の山

俳句では「山笑う」というのが冬の季語です。でもね、雪嶺が朝日に輝いているのを見ると、「山が歓喜している」と思うのです。眠ってなんかいるもんですか。

Img_6111
これは裏見の滝です。昔は滝の裏から見ることができたそうですが、今は無理です。でも、まわりの様子はすばらしかったですよ

Img_6109
この滝を見るのは30分くらい(足の速い私でも)の登りが必要です。滝があちこち凍っています。

Img_6128
これはおなじみ、華厳の滝ですね。画面右下に猿の親子が3匹いたのです。狙って写真を撮ったのですが、何が何だか分からない絵になりました。

Img_6143
中禅寺湖。

昼食をとりました。貧乏人なのでなるべく金を掛けない旅行です。朝早く家を出て、新幹線を使わずに、鈍行列車の旅。ここで昼になりました。貧乏旅行でも、お酒は外せません。寒い日でしたから、熱燗2合摂りました。

Img_6147
Img_6163
竜頭の滝。雪のせいで迫力は今ひとつです。滝の下からと、滝上からの写真。

Img_6203
湯滝です。ここから戦場ヶ原へのハイキングコースがあるのですが、雪に埋もれているので歩くのは控えました。前日の踏み後くらいはありましたけれどね。歩くなら、スパッツは必要です。アイゼンもね。

Img_6172
Img_6189
Img_6194
湯の湖。11日の写真と12日の写真。湖面に水が見えるところと、雪に覆われているところ。奥の雪嶺、眠っているなんて思えますか?手前の山なら眠っているかもしれませんが・・・。

Img_6178

 

|

« 車椅子と仲間の会の新年会 | トップページ | 講演会の相談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/49387295

この記事へのトラックバック一覧です: 奥日光、滝めぐり:

« 車椅子と仲間の会の新年会 | トップページ | 講演会の相談 »