« 残雪の智光山公園 | トップページ | やるべきことはいろいろあって・・・ »

2013年1月16日 (水)

『江戸奇人伝』

1月16日(水)

Img008
これは我がマンションの裏にある間道です。昨日の昼頃はこんな状態でした。気温が低いせいで、今日になっても雪は残り、畑などは一面に白いままです。

19日のつばさ新年句会も近づき、用意しなければならない書類もあって、今日の午前中は書類作りで終わる。

午後、大和の湯へ。というより、散髪に行ったのです。大和の湯では床屋代は1.000円ですから、貧乏人としては安さに惹かれるわけです。ところで今日は待たされたねえ。いつもは職人が二人いるのに、今日は一人。ベテランの人は風邪を引いたんだってサ。

『江戸奇人伝 旗本・川路家の人びと』氏家幹人著・平凡社新書

奇人は好きですが、奇人というより「川路家の人びと」という副題に惹かれて買いました。

「江戸奇人伝」といいながら、おおかたは川路聖謨(トシアキラ)とその家族や家来などの話です。川路聖謨は幕末に、開国をせまるロシアやアメリカと、幕府側を代表して交渉をした人物。私はロシア側で交渉に当たった人の本を読んでいますが、川路を一角の人物と認めている様子が分かりました。川路は明治維新の時自害して果てましたが、どんな人物か興味があったのです。

奇人の代表として選ばれているようですが、私には川路がそれほど風変わりな人間とは思えない。立派な人ですね。奥さんは紫式部に比べられるほど文才のある人、川路は武士とも言えない身分から身を起こして、幕府の重要な役割を担った人、なんとも凄い家族です。美術評論家の川路柳虹は聖謨のひ孫のようです。知らなかったなあ。

雪だるま

残雪の積み上げられし道の脇
雪だるま崩れて残る家の門

|

« 残雪の智光山公園 | トップページ | やるべきことはいろいろあって・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/48787001

この記事へのトラックバック一覧です: 『江戸奇人伝』:

« 残雪の智光山公園 | トップページ | やるべきことはいろいろあって・・・ »