« なんにもないんだよ | トップページ | 散歩・安比奈公園 »

2013年1月30日 (水)

冬日和・『ボクには世界がこう見えていた』

1月30日(水)

俳句・冬日和

冬日和用ある如く急ぎけり
鴨の池鴨の争いありにけり
鴨の池烏の声もありにけり
釣り人のまた一人いる冬日和
爺婆が散歩するなり冬日和
水鳥の解説する爺冬日和
湖畔には絵描きチラホラ冬日和
母鷺に子鷺寄り添う冬日和

今日の絵

Img019
寄居の風景

石神井公園の散歩

Img_6005
Img_6025
Img_6030

石神井公園は二つの池が中心。石神井池は明るく開かれた池。三宝寺池は遊歩道はあるが自然の多い池。どちらかといえば三宝寺池の方が好き。

二つの池を一回りしたが、なんとなく歩きたりない。帰りの電車に乗ったが、飯能まで行って、入間川沿いに飯能河原へ歩く。とは言っても、川から離れたりしなければならなかった。

『ボクには世界がこう見えていた』小林和彦著・新潮文庫

著者は統合失調症で入退院を繰り返した人。入院する前には躁状態になる人である。統合失調症にもいろいろあるからね。著者は妄想型である。

「薬物療法は僕をおとなしくさせたが、同時に創作者としてもっとも大事な想像力まで奪われたような気がしてならなかった。これが病院のめざしている社会復帰というものなのか」。そんな面が確かにあると思います。

「キチガイは人殺ししても罪にならない という法律を一刻でも早く改正して欲しい」。「本当に人殺しの精神障害者はちゃんと罰してくれ。でないとこっちが迷惑する」。そうでしょうな。人を殺すなどと言う行為は、いずれにしろ精神がおかしくなくてはできません。その罪を問わないのは私もおかしいと思う。人を殺せば、熊だって射殺されるよ。熊に責任能力があるとは思えないけれどね。

|

« なんにもないんだよ | トップページ | 散歩・安比奈公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/49060065

この記事へのトラックバック一覧です: 冬日和・『ボクには世界がこう見えていた』:

« なんにもないんだよ | トップページ | 散歩・安比奈公園 »