« ボラグループ定例会・新年会 | トップページ | 川越の本屋へ・探していた本 »

2013年1月25日 (金)

絵の展示・『天の園』

1月25日(金)

Img016
上野東照宮の寒牡丹展から。

絵の展示

水彩画の会。早めに公民館に集まり階段廊下に絵の展示。一人1作ずつ。足を怪我して来られないYさんの絵をあずかるため、早めに出る。私は年賀状に利用した絵を出品することにした。

その後、絵の会では上にのせたような寒牡丹を描く。上の絵よりは時間も賭けているので丁寧なのですが、同じ題材なので、ここには載せません。本当はケッサクダゾ??

『天の園』打木村治著

近ごろ小説はあまり読まないのだが、すすめる人がいて、貸してくれたので、読んでみる。全6巻で、貸して貰ったのはそのうち前半の3冊。小説というか、児童文学というか、まあ、子供向けの本です。主人公の保は都幾川沿いの村の少年で、時代は明治から大正に変わる前後。当時の村の子どもたちの様子を、おそらくは作者自身の経験を元に書いているのでしょう。

実は打木村治の講演を、狭山市に来てすぐのころ、奥富公民館で聞いたことがあります。参加者は少なく、半分座談会のようでした。講演の内容は、とうの昔に忘れましたけどね。昔の狭山市のこともよく知っている人でした。

俳句

大寒の道路工事や昼の月

|

« ボラグループ定例会・新年会 | トップページ | 川越の本屋へ・探していた本 »

コメント

天の園、読み始められましたか。狭山で講演会を聞かれた・・・いつの頃かな。飯能に住んでいるようです・・・今は存命なのかわかりませんが。

投稿: isoji | 2013年1月25日 (金) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/48956445

この記事へのトラックバック一覧です: 絵の展示・『天の園』:

« ボラグループ定例会・新年会 | トップページ | 川越の本屋へ・探していた本 »