« 川越の本屋へ・探していた本 | トップページ | 木楽里 »

2013年1月27日 (日)

寄居12支参り

1月27日(日)

Img017
春日局の寺で。

寄居12支参り

歩く会は寄居の12支守り本尊めぐり。地方自治体や鉄道会社はいろいろ工夫して人を集めたがるのですね。12支参りなどというのもその一つでしょう。開運長寿だそうです。放光院、浄心寺、正樹院、西念寺、天正寺、正龍寺、善導寺、少林寺などを廻りました。

私が1番興味があったのは少林寺で、ここの500羅漢の幾つかは、水彩画に描いた経験があります。少林寺は今回で3度目ですが、最初に来たときもっとも気に入った羅漢は、2度目に来たとき見つけ出すことができませんでした。3度目の今日も気にしたのですが、やはり見つけられません。

Img_4800

その水彩画はこれです。林の中に小さな羅漢が草に隠れてあるのですから、なかなか見つけるのが難しいのです。

今回も幾つか写真を撮りましたが、その1部をアップしておきます。

Img_5987
Img_5992

歩く会の最後は円良田湖を経てかんぽの宿。ここで休憩。私とHさんは6階の展望風呂にはいる。女性陣は休憩時間が短いので入らないということでした。ここの風呂の展望はすこぶるいいです。

12支の寺はどうと言うことのないのが多かったけれど、寄居町の田園と山の風景はなかなかのもの。

俳句

子ら帰り残りの雑煮食う男
メジロの群れ一樹に隠れ冬日和

1句目は正月の経験。2句目は1本の枇杷の木に沢山のメジロを見た今日の経験。

|

« 川越の本屋へ・探していた本 | トップページ | 木楽里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/48993445

この記事へのトラックバック一覧です: 寄居12支参り:

« 川越の本屋へ・探していた本 | トップページ | 木楽里 »