« 小手指古戦場跡 毎日新聞俳句大賞 | トップページ | 拙速の絵 »

2012年12月13日 (木)

『日本語教のすすめ』

12月13日(木)

Img011
このうえにペン書きして、色をのせれば完成と言うことですが、やる気が出なかったので中止。

老人介護施設、狭山ケアセンターへ。

『日本語教のすすめ』鈴木孝夫著、新潮新書

同じ著者の本『閉ざされた言語、日本語の世界』で、目を開かれたことがある。たとえば日本人が「文化人類学」という言葉を聞けば、中学卒業程度の人でも、何かしら「文化」や「人類」に関係のある言葉だと分かる。同じ言葉を英語であらわした場合、ラテン語を元にした専門用語になるので、専門家か、その学問に興味のある人でなければ、なんのことか分からないのだそうです。義務教育卒業程度の私が、このような書籍を読めるのも、日本語で育ったおかげらしい。

『日本語教のすすめ』は、文化人類学的な手法でさまざまな考察をしている。異文化を理解することがいかに難しいか、言葉を介して説明される。そういえば土居健郎(といったかなあ)の『甘えの構造』はヨーロッパ語に『甘え』という言葉がないとづいたことから、考えを進めていったものだった。

著者は、日本語は大言語であると主張する。日本人はこれまで、外国から学ぶことばかりに一生懸命で、そのために外国語を学んできた。しかしこれからは、外国人にも日本語を学んで貰おう。そして日本の良さを分かって貰おう、というのがこの本の結論。

冬富士のシルエットある風呂の窓

本当は、我がマンションから富士はよく見えるが、風呂からは見えません。ちょっぴり嘘。

|

« 小手指古戦場跡 毎日新聞俳句大賞 | トップページ | 拙速の絵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/48314820

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本語教のすすめ』:

« 小手指古戦場跡 毎日新聞俳句大賞 | トップページ | 拙速の絵 »