« 日の出山 | トップページ | 本の話 »

2012年12月 6日 (木)

山談義

12月6日(木)

Img005
日の出山です。

老人介護施設狭山ケアセンターへ。

今日話をした人の中に、98歳の女性、山が趣味だったそうだ。元気なころは毎週のように山に行ったという。「私も山が好きで、月2回くらい」というと、「少ないですね」といわれてしまった。顔色も若々しく、70歳といわれれば素直に信じてしまいそうである。声もはっきりして、頭の回転の良さを思わせる。車椅子は使用しているが、きわめて健康的に見える。

「山は良いですね。私がこの年で元気でいられるのは、山に行っていたからだと思います」という。そうかも知れない。話しをしていると、きっとそうだと思えてくる。「今でも山の靴を捨てられずに仕舞ってある」そうだ。

冬日和百歳媼と山談義

満98歳といえば、数えでは99歳か100歳である(誕生日による)。

|

« 日の出山 | トップページ | 本の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/48110677

この記事へのトラックバック一覧です: 山談義:

« 日の出山 | トップページ | 本の話 »