« 久しぶりの老人介護施設 | トップページ | つばさ俳句会報告・「ピカソは本当に偉いのか」 »

2012年11月16日 (金)

いろいろ

11月16日(金)

Img012
今年の桜紅葉は、例年より色が濃く赤い。例年だと、もっとくすんだ枯葉色が混じる。今年の桜紅葉は美しいと思う。
スケッチは、河口湖畔。

今日の出来事を「朝起きて、顔を洗って、御飯を食べて、学校へ行きました」という感じで書いてみましょう。

午前中、こぶし福祉会、スペースきずなの所長Sさんから電話あり。23日のこぶし祭りのアトラクションで手品をやってくらないか、と言うもの。やることにする。多少は新ネタもやらなくてはね。

午後、まず富士見公民館へ。水彩画の会である。会計のSさんが来られないので、何はともあれ会長である私が、やらなければならないことが出来た。従って今日は、どうしても休むわけにいかなかった。

それが終わって社会福祉会館へ。V連の会合に遅刻して出席。その席での会合のうち、V連機関紙「なかま」の原稿を引き受けることに。V連の日帰り旅行の原稿を予定していた人が「書けない」というので、急遽引き受けることに。締切が迫っているので、このブログを書いた後、その原稿を書かなければならない。かなり飲んでいるけれど、まあ、いいでしょう。

パソコンの前に座っていたら、中学の同級生Iさんから電話。今日同期会があった話。そうですね高南中学第2期生の同期会は今日でした。会費8千円というのは、私には高すぎて、とても出せる金額ではありません。だから前もって欠席と通知していました。

私は年金生活者ですが、自営でやっていた時期も長く、貰える年金も少ない。ここで正直に書きますが、私は1ヶ月13万円で生活しています。家賃を払う必要がないからやっていけるけれど、毎年わずかずつ赤字になっているのが現実です。

今日、同期会にB組からは7名出席したそうです。今後、同期会でクラス会をかねることにしてはどうか、と言うのがIさんの意見。それはそれでいいのです。でもそうすると私は出席できない、と言うのも事実です。別に私のためにクラス会があるわけではないから、今後はそういうことにしてもいいと思います。ただ来年は3月にクラス会をしようと思っているので、まあその時に話しあい、幹事も代わってもらおうと思います。

陽の当たる窓辺に移る読書かな

『老人性うつ』和田秀樹著・PHP新書。

老人に「うつ」が多いと言うこと、痴呆症に見えても実際には鬱の場合もあること、そして老人の鬱には薬が良く効くこと、幸せな老後を送るために、痴呆症の前に鬱を疑ってみることが必要と著者は説く。

衆議院が解散になったが、こんどは自民党が勝って、安倍さんが総理になるんでしょうかね。著者は、安倍さんが総理を投げだしたとき、「鬱」だったのではないかと疑っている。なるほどね、言われてみれば、あれは「鬱」だったかも知れない。今は、治っているように見えますね。

|

« 久しぶりの老人介護施設 | トップページ | つばさ俳句会報告・「ピカソは本当に偉いのか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/47867685

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ:

« 久しぶりの老人介護施設 | トップページ | つばさ俳句会報告・「ピカソは本当に偉いのか」 »