« お見舞い | トップページ | 特養さくらの遠足 »

2012年9月17日 (月)

敬老の日だってさ

9月17日(月)

Img007
羽黒山の石段。毎日新聞の写真から。

今日は敬老の日なんだってね。

この1行目、書きだして笑っちゃった。「今日は敬老の避難だってね」と変換されたんです。敬老は避難しなければならないのか、敬老から避難するのか、どっちだ?

何しろ敬老の日なのだから、独り者の私は自分でお祝いしなくてはならない(と決まったものではないけれど)。とにかく市内の温泉に行きました。

そこで読書。『老兵の消灯ラッパ』佐藤愛子著、文春文庫。べつだん敬老と老兵を関係づけて読んだわけではありません。エッセーの作者にも何人か気に入っている人もいて、佐藤愛子はその一人です。この本、文庫としては本当に新しいんですね。買ったときは気がつかなかったけれども、今月の10日が文庫本の第1版です。

著者は私より14-5歳上だが、私も今や古い世代に属するから、著者の言うことに、そうだなあ、と同感することが多いのである。まあ、暇つぶしに読むにはいい本ですね。

敬老日スケッチブックを買い求め
敬老日市内温泉に一人行く
突風に帽子が飛ぶや秋桜

|

« お見舞い | トップページ | 特養さくらの遠足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/47109647

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の日だってさ:

« お見舞い | トップページ | 特養さくらの遠足 »