« こぶし福祉会理事長交代 | トップページ | 鳩ノ巣・御嶽渓谷 »

2012年8月 8日 (水)

あいかわらず政局争いだ

8月8日(水)

Img007

女子サッカー、勝ったアメリカの選手と、負けて肩を落とすカナダの選手。今朝の毎日新聞の写真から。

世の中は(私も)オリンピックで浮かれているが、国会は相も変わらず政局争いです。消費税に反対と賛成で議論をしているのならわかるが、3党合意で方向は決まっているのに、何というざまだろうか。

早く解散させたい方と、解散したくない方で、ああでもない、こうでもないともめている。国民なんかそっちのけ、国の方向も、選挙区の違憲状態もそのままにして、おれの方に政権よこせ、いやなこった、と、時間を空費しているのである。こんな政治に何が期待できるだろうか。

国民には新しい芽が出てきてきていると思うけれども、政治家だって変わってくれなくちゃ。そりゃあ政党だから、権力が欲しいだろうけれども、そればかりでは、国民は浮かばれない。

私が読んでいるブログで、今日は「火垂るの墓」のアニメを取り上げていた。私はアニメは見ていないけれども、野坂昭如の原作は読んでいる。名作ですが、思い出すと暗い気持ちになる。兄と妹の戦争孤児が餓死するまでの物語で、作者の実体験に基づいている。しばらく、シュンとしてしまった。

戦争は、決して起こしてはならないものである。

政争ばかりしている政治家諸氏、原発はどうするんだ! すこしは真面目に考えろ! 国会で、そういう議論をもう少しやれよ。

こんなことを書いていると、だんだん過激になってしまう。だけど、国会議員には本当にウンザリだ。

 山小屋の夜の雷鳴寝もやらず
 朝の窓とびこんでくる蝉の声

|

« こぶし福祉会理事長交代 | トップページ | 鳩ノ巣・御嶽渓谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/46625568

この記事へのトラックバック一覧です: あいかわらず政局争いだ:

« こぶし福祉会理事長交代 | トップページ | 鳩ノ巣・御嶽渓谷 »