« 猛暑日の逃げ場所 | トップページ | かぶれだそうです »

2012年7月18日 (水)

むくつけき男の柔肌

7月18日(水)

Img022
昨日につづき棒ノ嶺白谷沢コース。

大津市のいじめ問題。マスコミは大変だ。報道される記事しか知らないけれど、学校や教育委員会の見解は、何ともはや、あきれるばかり。アンケートの結果を発表しなかったり、もっと調べようとしなかったり、会見では言い訳に終始している。学校はいじめがあるとは意識していなかった、と言うような主張だが、本当かなあ。そんなことはちょっと考えられない。本当だとすれば、鈍すぎる。

例によって、ネットではいじめ問題で、関係ない人がいじめの加害者だの、加害者の親だのと名指しされ、炎上しているらしい。自分を匿名にして、他人の批判をし、正義の味方のつもりなのだ。たとえ加害者の親にむかってでも、匿名で限度の過ぎた悪口雑言などすべきではない。自分のみを明かさないで悪口雑言を吐くのは、正義ではなくて卑怯です。匿名には匿名の責任があります。

私は皮膚が弱い。琴職人の私は、現役のころ他人が別の部屋で使う漆で、よくかぶれた。昔はよい塗り薬もなかったから、かぶれて医者に行くと、白いチンク油を顔中に塗られたものだ。

現役をやめて、漆とも縁が切れた。しかし、夏になると顔がむずむずと痒くなるのである。今の私は、足も頭も腕も胸も、汗疹ができている。顔はむずむずするだけで、汗疹は出ないようだ。他のところに比べて、面の皮は厚いのかな。近ごろ、人間が厚かましくなったからナア。

頭の汗疹は、髪の毛があるから(ないところもあるが)あまり目立たない。でも頭には汗をかく。拭くのを忘れていると、ジトッと粘りを持ってくる。まるで脳味噌が融けて染み出てくるようだ。

ああ、それにしても痒いなあ。

 丑の日の蒲焼き秋刀魚で間に合わせ

|

« 猛暑日の逃げ場所 | トップページ | かぶれだそうです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/46373968

この記事へのトラックバック一覧です: むくつけき男の柔肌:

« 猛暑日の逃げ場所 | トップページ | かぶれだそうです »