« 雑草とのたたかい | トップページ | 関八州見晴台 »

2012年5月29日 (火)

気ぜわしく

5月29日(火)

Img012
水彩とパステルによるスケッチ。パステルは何十年も前に買ったものですが、ほとんど使いませんでした。使い方が分からなかったのです。今も分からないのですが、昨日使ってみて、なかなか良いと思いました。これからしばらくは、試行錯誤をくり返しながら使うことになるでしょう。

○午前中、気ぜわしい半日でした。

時間系列にしたがって書けば、まず洗濯。変な言い方ですが、洗濯をしながら洗濯物を畳みました。この前洗濯したものを、畳まずに部屋の隅に積み重ねていたのです。

次に食事の食器洗い。ああそうか、洗濯の前に朝食作りだ。

ベランダの野菜に水やりをしてから、銀行へ。そして銀行のはしご。マンションの管理費は銀行から引き落とされるが、その銀行は、普段私が使っている銀行とは違う。だから毎年1回、一年分の管理費をその銀行に振り込む。それを毎年5月にやっている。

歯科医院へ。定期検診だが、歯石など取って貰っている。あと1回来いと言う。

牛丼の吉野家で昼食。

家に帰って短い原稿書き。こぶし福祉会の機関紙に載せるのだそうだ。昨日いわれて木曜日までという。明日は山だから原稿は無理、書くのは今日しかない。とにかく仕上げて“みちくさ”へ持っていく。

以上でやるべきことは終わり。

○少し一茶の句を紹介します。

 信濃路の田植え過ぎけりいかのぼり
 春のてふ山田へ水の行きとどく
 又窓へ吹きもどされる小てふ哉
 雲の峰たつやの中の握飯
 梅ががやどなたが来ても欠茶碗

1句目、「いかのぼり」は凧のこと。原句では「凧」の字を構えと中に分けた2字で書いてあります。この前も書きましたけれども・・・。2句目3句目の「てふ」は「蝶」です。

○拙句です。

 強烈な雷雨の予報宵の口

お粗末でした。

|

« 雑草とのたたかい | トップページ | 関八州見晴台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/45458506

この記事へのトラックバック一覧です: 気ぜわしく:

« 雑草とのたたかい | トップページ | 関八州見晴台 »