« ブログ「Chikirinの日記」について | トップページ | 車椅子と仲間の会 »

2012年5月 5日 (土)

孫たち来て帰る・これから読む本

5月5日(土)

Img001
智光山公園です。

○長女と2人目の孫、次女夫婦と孫、など、来る。

二人目の孫は体操で手を骨折してしまい、今は三角巾で腕を吊っている。今腕にワイヤが入っているので、それを取るときには、もう1度入院するのだそうだ。長女の話では、ワイヤを入れたのもかかわらず、傷は考えられないほど小さいそうだ。2度の入院は大変だね、と言えば、孫は、寝ている内に手術は終わるから平気、と答える。

次女の孫はまだ2歳なので、始終何かを言って動き回る。

次女にはこれまでたまっていたパソコンの操作に対する疑問を、いろいろと聞く。

みんなで近くのスーパーまで行ったが、日射しが強くて暑いくらいだ。そういえば今日は立夏だ。

夕方、二組とも帰る。

夜、空を見ると満月である。

 静かさや孫たち帰る春満月

Img_3970
これがこれから読もうとしている本です。

『聞く力』阿川佐和子・著はテレビを見ながらでも読めると思うが、田の2冊は、とりつく前に少しビビルところがある。吉本隆明のことばなんて本当に私が理解できるか、ドナルドキーンについても、これまで読んだことがないので、吉本隆明と同じ疑問。

『百代の過客』は、平安時代から幕末までの日記(旅行記なども)について、ドナルドキーンが考察を加えたもの。私はここに取り上げられる日記のごくごく少数を読んでい手、その他のごく少数については、名前だけは知っている。しかし、名前さえ知らないものが大部分なのである。

何はともあれ、書き出しの3編を読んでみた。「入唐求法巡礼行記」「土佐日記」「蜻蛉日記」である。どうやら大丈夫そうですね。読めるでしょう。

|

« ブログ「Chikirinの日記」について | トップページ | 車椅子と仲間の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/45146542

この記事へのトラックバック一覧です: 孫たち来て帰る・これから読む本:

« ブログ「Chikirinの日記」について | トップページ | 車椅子と仲間の会 »