« つつじ山 | トップページ | 移植した大木 »

2012年5月 2日 (水)

森鴎外の芸術論

5月2日(水)

Img002
話題の人、ダルビッシュ。昨日の夕刊の写真から。

 昼風呂にビール1本子供の日

別に子供の日ではないけれど、ゴールデンウィークでは字余りだものね。

今日は仲間数人と山行の予定でした。雨で中止。昼頃、市中の温泉大和の湯へ。

湯上がりご、ビールを飲みながら、「森鴎外随筆集」など読みました。今日読んだのは「涼休録」。鴎外の芸術論です。

「昔の人は(中略)芸術を完全にしようと心掛けた」「今の人は(中略)何か昔の人の見落とした穴がないかと探している」。「昔の人も自然を写すといって、今の人も自然を写すという、この写すというのは自然そのままでない意をあらわしている。芸術は自然そのままではない」。「形式を模倣して前人のお供をするのは固より卑しいが、形式を破壊しようと(もがき苦しむよりも・・・ぼんくらカエル意訳)どの時代、どの国の古い作をでも充分に研究して(中略)新しい芸術を産み出すこととしたらどうだろう」。

|

« つつじ山 | トップページ | 移植した大木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/45109422

この記事へのトラックバック一覧です: 森鴎外の芸術論:

« つつじ山 | トップページ | 移植した大木 »