« 入間川河川敷のスケッチ | トップページ | 近ごろ粥に凝っています »

2012年4月25日 (水)

天覧山は小学生でこぼれそう

4月25日(水)

Img032
模写 川合玉堂 玉堂もラフスケッチをする鵜がいかな

○今日の俳句

 菜の花やヘリコプター
 新緑に濃淡はあり薄日さす
 杉林ぬけて輝く若葉道
 ここからは川の名かわる谷紅葉

○今年奥日光へ行ったとき「うつしみの一人の酒に雪しんしん」という句を作り、ブログに載せましたが、「うつしみ」は「うつせみ」の間違いでした。その句を「つばさ誌」、に出句しようとして間違いに気がつきました。「うつせみ」は「空蝉」で、「うつしみ」なんていいません。わたしのブログなど真面目に見ている人は居ないでしょうが、訂正しておきます。

○天覧山から宮沢湖にぬけるコースは、山と言うよりは丘歩きで、構えずにいける楽なコース。今日はそこへ行ってみようと思いました。ところが天覧山に行ってみると、頂上は小学生で埋まっている。

Img_3887

すごいもんだね。画面の外にもたくさんいるのだ。そればかりではない、天覧山に登る途中にもたくさん追い抜いた。まだまだ登ってくるのである。飯能市ばかりではなく、他の市の小学生も登っているようだ。

わたしが聞いた子どもたちは、巾着田の方に行くようだったので、わたしは恐れをなし、宮沢湖は諦めた。巾着田へ行くには、途中まで宮沢湖コースとダブル。

で、多峰之主に向かった。途中、多峰之主方面から来る登山者とすれ違ったので、わたしは天覧山の様子を教えた。ところが、多峰之主も小学生でいっぱいだという。

まいったね。いわれる通りそののち多くの小学生を追い抜くことになる。多峰之主に登る意欲を失って、雨乞池から下山することにした。

Img_3889_2

下山して、飯能駅の裏側、入間川の川岸へ行ってみる。ここもそれなりにきれいなところだが、遊歩道を造る工事中でした。

Img_3895

この小母さん何をしているのかな? 

|

« 入間川河川敷のスケッチ | トップページ | 近ごろ粥に凝っています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/45024243

この記事へのトラックバック一覧です: 天覧山は小学生でこぼれそう:

« 入間川河川敷のスケッチ | トップページ | 近ごろ粥に凝っています »