« ジャガイモを植える | トップページ | ボケは深く静かに潜行する »

2012年3月27日 (火)

ドア作り 『官邸から見た原発事故の真実』

3月27日(水)

Img024
模写 川合玉堂 高原 部分

山の稜線をはっきり描きすぎました。

○今日の俳句

 春の日を背にして鉋の台直し
 鉋持つ手の皺は黒花辛夷
 削るたび春風に舞う鉋屑

かすみがわ食堂のドア作りが遅れているので、精障者作業所『みちくさ』へ。鉋の俳句はそのためにできた。

○『官邸から見た原発事故の真実』田坂広志 著 光文社新書

著者は福島原発事故の時、管総理に要請されて内閣官房参与になった人。

福島の原発事故は、あれだけで済んで運がよかったのだという。「水素爆発も起こらず、大きな余震も津波も起こらず、原子炉建屋や燃料プールのさらなる大規模崩壊も起こらなかった」からである。「『根拠のない楽観論』は、くれぐれも自戒して頂きたい」。最悪の場合は首都圏の3千万人も避難しなければならなかったという。

著者に依れば、原発事故は「パンドラの箱」を開けたようなものである。福島原発がは安全ではなかったけれど、たとえ安全な原発ができたとしても、煮ても焼いても消すことのできない放射能廃棄物が残る。これの解決の方法がない。危険はどこまでもついて回るのである。

著者は最後に、「観客型民主主義」から「参加型民主主義」への変化を我々に求める。強力なリーダーを求めるのではなく、「我々の中に巣くっている『自分以外の誰かが、この国を変えてくれる』という『依存の病』」こそ「克服しなければならない」という。

話は変わるが、私は大阪の橋本市長に、何かしら危うさを感じています。彼は非常に強権的ですからね。今まで書かなかったけれど・・・。

|

« ジャガイモを植える | トップページ | ボケは深く静かに潜行する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/44656403

この記事へのトラックバック一覧です: ドア作り 『官邸から見た原発事故の真実』:

« ジャガイモを植える | トップページ | ボケは深く静かに潜行する »