« 米がない 健康寿命 | トップページ | 朝霞市散歩 »

2012年1月13日 (金)

聞き書き 長堀釜太郎 7

1月13日(金)

○職人の仕事

・・・しかし、職人の仕事も、景気のいいときは10年も続かないもんだね。忙しいときなんか、仕事をやって貰いたくて神様みたいに持ち上げられるけど、暇なときなんか得意先に行ったって、「何しにきたんだ」って顔をされるよ。

・・・親父も腕は良かったけれど、金なんか残さなかった。「職人で蔵を建てた奴はいない」って言うよな。「職人は腕が良いと貧乏する」っても言うね。腕の悪い奴の方が、これではいけないと思って、商売してみたり、他に仕事をやってみたりするから、どっかで当たったりする。

・・・琴だって、忙しいときもあったけれど、知っての通り暇になった。おれだってもう少しやりたかったけれど、昭和61年で辞めた。琴の材料も製剤機械で挽けるようになったせいもあるけれど、そればかりじゃないや。琴自体が暇になった。仕事がないんだからしょうがない、早めの引退だよ。

・・・これも時代でしょうがないんだよ。昔は何処の家にだって石臼があった。あの石臼を作る人も、その目を立てる人も、それだけでくっていけたんだ。今じゃあ日本中捜したって、そんなことで食っていける人はいないや。腕が良いも悪いもありゃあしない。

・・・職人なんて、いい金を取るときがあったって、一生をならしたらサラリーマンの半分だね。いい金を取るときに金を貯めると言ったって、だいたい職人の手間がいいのはインフレの時だ。貯めても貯めても、物価の値上がりに追いつかないよ。おれも自分の家が欲しいと思って、何の遊びもせずに一生懸命貯めたけど、やっと、借地の上に小さい家を建てただけだ。

○新聞に取り上げられる

・・・おれが本に載ったのを知っているだろう。朝日新聞の日曜版「武州手づくり」っていう連載物を本にしたやつだ。新聞に大きな写真付きで取り上げられたり、本に載ったりしたので「良かったね」っていってくれる人がいるけれど、何も良くはないよ。新聞に載ったりするのは、その仕事が亡びようとしているからだ。おれなんか最後の木挽き職人だから取り上げられただけだ。

・・・あの「武州手づくり」の本を倅が2冊買ってくれた。おれは「そんなものいらネエ」って言ったんだけどな。だけど「欲しい」なんていう人がいたから、やっちゃった。家には1冊もねえや。

・・・え? 今の楽しみねえ……そうだねえ、孫の相手をしたり、近くに借りている畑仕事をするくらいかな。一緒に出るか。ちょっと畑に行ってみよう。何か持ってけや。

                   終わり

|

« 米がない 健康寿命 | トップページ | 朝霞市散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/43733249

この記事へのトラックバック一覧です: 聞き書き 長堀釜太郎 7:

« 米がない 健康寿命 | トップページ | 朝霞市散歩 »