« 「スペースきずな」の棚 | トップページ | 「科学と人間の不協和音」 »

2012年1月24日 (火)

両神村、小鹿野町散歩

1月24日(火)

スケッチ

Img014

川越・500羅漢から。

喜多院の500羅漢、これで何体描いたことになるのだろう?最初に描いたのは一昨年あたりだったかな。

「まあ、一杯どうだい、酒だよ、この世は、なあ」

「じゃあこれに貰おうか・・・おっとっとっと」

テナ会話でもしているかな。

○今日の俳句

 融雪剤バケツで撒きぬ朝の道

 しずり雪落ちても鳩は驚かず

 屋根雪に陽当たりて遠き雪嶺

 猛き草みな頭垂れ雪の朝

 冬の日の訪ねあてれば休館日

 降る雪やヘッドライトの輪の中に

 急ぎつつ息の白きを楽しめり

○雪見は空振り

朝は雪が積もっていました。しめしめ、こんな日は雪見に限る。あまり金をかけずに行けるところ・・・ということで、秩父にしました。

でも、今日の雪は逆でしたね。秩父は雪が降らなかったそうです。智光山にでも散歩に行く方が、雪は見られました。

で、予定変更。三峰口で小鹿野町営バスに飛び乗り、薬師堂へ。薬師の湯に入ろうと思ったのです。

ところが、これもアウト。薬師の湯は定休日だってさ。

近くのうどん屋で、たぬきうどんとビールで昼食。そこで教えて貰って、国民宿舎両神荘へ。ここで日帰り入浴。薬師の湯と同じ温泉だそうです。

両神荘から小鹿野町役場まで散歩。今流に言えば、ウォーキング。

Img_3064

Img_3067

小鹿野町の酒屋の店先ではこんな人形が自転車に乗っていました。さすが小鹿野歌舞伎の町。

|

« 「スペースきずな」の棚 | トップページ | 「科学と人間の不協和音」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/43861271

この記事へのトラックバック一覧です: 両神村、小鹿野町散歩:

« 「スペースきずな」の棚 | トップページ | 「科学と人間の不協和音」 »