« V連世話人会 | トップページ | 川越7福神めぐり »

2012年1月21日 (土)

つばさ俳句会、初句会

1月21日(土)

○今日の俳句

 窓の灯やビニール傘に冬の雨

○新年句会

今日の高得点句は

 歳晩や紙幣は古きより使ひ

 極楽の入り口見ゆる日向ぼこ

 人日や痛むところに手を当てて

21点の浩子さん。ダントツでした。2位は13点でしたからね。つばさの新年句会は、3句ひと組で競います。

私も今回は、結構健闘しました。10点です。

 クレーンは肉食である冬夕日

 咳ひとつ待合室にいる時間

 まだ恋を知らぬ少女の福笑い

桑原三郎先生の短冊を戴きました。短冊の句。

 白飯やいづこの山も白暮にて

                 桑原三郎    

懇談会は、真面目に俳句の話。といっても話題は、季語、新旧仮名遣い、時事俳句などで、いつも同じ話題といえば言える。

事務局としては、無事終わってほっとしています。

○スケッチは朝8時よりも前に起きなければならない日は休みます。明日も休みです。

|

« V連世話人会 | トップページ | 川越7福神めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/43826307

この記事へのトラックバック一覧です: つばさ俳句会、初句会:

« V連世話人会 | トップページ | 川越7福神めぐり »