« 聞き書き 長堀釜太郎 6 | トップページ | 聞き書き 長堀釜太郎 7 »

2012年1月13日 (金)

米がない 健康寿命

1月13日(金)

スケッチ

Img006

毎日新聞。震災で大阪にっていた少女が福島のおばあさんのところに里帰りして、玄関を上がるのももどかしくおばあさんのところに走っていく。その姿をスナップ写真のように撮ったものと思う。新聞には少女の名前も出ていました。来ているもの玄関の様子など、私なりに写真とは変えています。

○今日の俳句

 連凧を揚げて薄氷踏み抜きぬ

○米がない。

今日から普段通りの生活を始めるつもりでした。で、朝食を作ろうとしたら、米びつに米がありませんでした。何だ、朝から普通じゃないや。

普段の私は、朝だけは御飯を食べます、昼は適当に何か食べて、夜は酒のじゃまにならないようにおかずを食べます。その朝の御飯が今日は無しでした。餅と缶詰の小豆があったので、お汁粉を作って食べる。

○水彩画の会。

○健康寿命。

『なぜかボケない人のちょいとした習慣』斉藤茂太著・PHP文庫。

後期高齢者としては、こんなものも読むのです。斉藤茂太さんですから説くに目立ったことは言っていない。暇つぶしといえば暇つぶしの読書です。でも、まあ、ふーんと言うようなことも言っています。

たとえば「健康寿命」。健康寿命というのは、平均寿命から介護が必要になった寿命を差し引いた寿命だそうです。これも日本は世界1で、74歳だそうです。私はまだ平均寿命まで生きるかどうかは分かりませんが、健康寿命の平均は超えたんですね。目出度いような、もう先がないような・・・。

|

« 聞き書き 長堀釜太郎 6 | トップページ | 聞き書き 長堀釜太郎 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/43733165

この記事へのトラックバック一覧です: 米がない 健康寿命:

« 聞き書き 長堀釜太郎 6 | トップページ | 聞き書き 長堀釜太郎 7 »