« 水彩画の会忘年会。 | トップページ | 山行・南高尾 »

2011年12月10日 (土)

掃除嫌い 「ああいえばこう×行く」

12月10日(土)

スケッチ

Img009

子の権現登山道に入る直前。登山道はこの絵の家の奥のあたりで左側に入ります。

○今日の俳句

 本屋まで街路樹落ち葉踏んで行く

 山の端に沈む夕日や冬木立

 きっぱりと冬木となりし梢かな

○掃除嫌い

いつも書くことですが、私は掃除が嫌い。

炊事はしなくては自分が食えない。洗濯はしなければ着る物が無くなる。そこへ行くと掃除は、さぼっていても何とか生きていける。だから一日延ばしに延ばすことになる。延ばすには延ばすだけの極意がある。

まず埃に気がついたら、一度や二度は見なかったことにする。それでもなお気がついたら、気にしないことにする。どうしても気になるほどになってきたら、部屋の隅の方だからまだいいさ、と思う。更に埃が増えてきたら、人間ごみで死ぬわけではない、と思う。

かくして「一寸のごみの中に端然と座る蛙」(坂口安吾の捩り)が誕生するのである。なお、一寸とは約3㎝です。

○『ああ言えばこう×行く』阿川佐和子・檀ふみ・共著、集英社文庫。

『ああいえばこう×行く』の×の下に嫁という字があり、それを×で消してあるのだが、私のパソコン力では、そんな高等芸はできない。前著『ああ言えばこう食う』の続編だそうで、テーマは旅である。

とは言っても、阿川幸子が書いているように、「本書のどのページをめくったところで、異国の目新しい情景も心洗われるような感動的な風景も、のどかな旅情も風情もなああんにも出てこない。出てくるのはひたすら、著者双方の悪口ばかりである」

本の最後に、阿川佐和子・檀ふみ・野坂昭如の対談がある。そこで野坂昭如が言っている次の言葉が、私の感想でもあります。

「この手の本はどちらかというと暇つぶしが多いんだけれど、これは暇つぶしじゃない。これを読んでためになるということもないし、身につまされると言うこともない。ただ、「癒す」という言葉は嫌いなんだけど、いい気持ちになれる」

|

« 水彩画の会忘年会。 | トップページ | 山行・南高尾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/43329614

この記事へのトラックバック一覧です: 掃除嫌い 「ああいえばこう×行く」:

« 水彩画の会忘年会。 | トップページ | 山行・南高尾 »