« こぶし福祉会評議委員会 | トップページ | 俳句の「の」について »

2011年11月16日 (水)

中津峡

11月16日(水)

今日の俳句

 暁光にふわり街路樹落ち葉かな

 なすべきを先に延ばして紅葉狩り

 田舎バス見下ろしている秋の月

 蜘蛛の糸にかかりて落ち葉揺れるのみ

 身ぐるみを剥がれて武甲秋深む

 落ち葉踏み古き木道ただ一人

 紅葉狩りバス乗るときも酒を飲む

○中津峡

時期遅れと思いましたが、中津峡へ行ってきました。今年は、10月末頃が良かったのではないでしょうか?

Img_2655 Img_2658

Img_2662

Img_2675

三峰口からの路線バスを中双里で降りる。バスの終点「中津川」まで

ぶらりぶらりと急ぎ足。

バスは1日4本。終点中津川について次の発車時刻を見ると、ヒエー!2時間40分待ちだ。食堂はやっていない。日帰り温泉もやっていない。科学館は閉館中。その辺をぶらぶらし、吊り橋を渡って、対岸の河原で、おつまみをつまんで酒を飲む。

それでも時間が余るので、今日はまだ誰も歩いた形跡のない古い木道で川下にに向かった。すると最近はほとんど使われた形跡のないキャンプ村に出た。そこにも吊り橋があり、渡ってバス通りに出た。

でも、吊り橋で困った。

Img_2693

なんだい、二人づつ渡らなくてはいけないの? 俺は一人だ、困ったなあ。とまあ、下らない冗談をつぶやき、吊り橋を渡る。そこから「相原橋」まで歩きバスを待つ。相原橋バス停横には小さな売店があり、「おでん」や「しし汁」を売っている。「しし汁」はイノシシだというのだけれど・・・? 行きはおでん、帰りはしし汁をたべる。

紅葉はあらまし過ぎていたけれど良い運動にはなりました。

|

« こぶし福祉会評議委員会 | トップページ | 俳句の「の」について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/43035471

この記事へのトラックバック一覧です: 中津峡:

« こぶし福祉会評議委員会 | トップページ | 俳句の「の」について »