« つばさ俳句会 | トップページ | 秋茄子 »

2011年10月16日 (日)

同級会・岩切俊弘遺作展

10月16日(日)

人物練習帳

Img015

今日の俳句

 秋の日や同級会のボケ比べ

 秋の日のまだ死なぬやつ同級会

 秋うらら一緒にふける同級会

○同級会

相模数寄屋橋本店で。参加者13名。去年川越で行ったが、川越では行けないという人がいたので、銀座に変える。中学卒業時は51-2名いたと思うが、亡くなった人、行方不明の人などがいて、今連絡を取れるのが、私を含めて27名。その中の13名である。

数日前までは15名参加のはずだったが、ぎっくり腰とか神経痛とかで2名不参加。我々はもうそういう歳である。

それでも昔の仲間。合えば気取り無く話せる。

2次会喫茶店。10名。

○岩切俊弘遺作展

2次会解散後一人有楽町線の駅に向かっていると、ある画廊で、水彩画の展示をしているのが目についた。それが岩切俊弘遺作展。好きな道なので覗いてみる。淡い色の山の絵で、好感のもてる絵です。

おそらく専門の画家ではあるまい。遺族が故人を偲んで遺作展をしたものと思う。F6くらいの小さな物だけである。ただ飛び込んだだけの私に、6枚セットの絵はがきをくれた。その1枚がこれ。八海山です。

Img016

|

« つばさ俳句会 | トップページ | 秋茄子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/42541865

この記事へのトラックバック一覧です: 同級会・岩切俊弘遺作展:

« つばさ俳句会 | トップページ | 秋茄子 »