« 舞台つくり | トップページ | 九十九里町(雷鼓の集い) »

2011年10月28日 (金)

水彩画の会

10月28日(金)

スケッチ

Img025

毎日新聞の広告写真から。

○今日の俳句

 秋の日の少年が持つ薔薇一輪

 収穫後大根畑穴ばかり

○水彩画の会。

文化祭の絵、11月1日に搬入。私はこぶし祭りのステージつくりをするつもりなので、その日は行けない。会長のMさんに絵を託す。

タイの水害、明日が1番の大潮だそうです。土地が平らだから、一度水漬くと、なかなか退かないのですね。もう何年も前になるけれど、バングラデシュの洪水もそうでした。日本のように水が奔流するのではなく、静かにあふれて、いつまでも退かないようです。

昔のエジプトは、ナイルが毎年氾濫し、その跡の地味が肥えて農作物の収穫を助けました。エジプトはナイルのたまもの、というのも氾濫を加味してのもの。アスワンダムができて、それも昔語り。

タイのチャオプラヤ川もナイルに通ずるものがあるのでしょう。でも、現在の経済には・・・。

随筆の季刊誌『雷鼓』の集い。明日、九十九里浜であります。気軽に出席すると返事をしたのですが、目的地に着くまで、だいぶ時間がかかります。私は日帰りのつもりですが、帰宅は深夜になりそう。

多分、明日のブログは休むことになりそうです。

|

« 舞台つくり | トップページ | 九十九里町(雷鼓の集い) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/42726683

この記事へのトラックバック一覧です: 水彩画の会:

« 舞台つくり | トップページ | 九十九里町(雷鼓の集い) »