« 「仰臥漫録」正岡子規 | トップページ | つばさ俳句会 »

2011年10月14日 (金)

「文明を変えた植物たち」

10月14日(金)

スケッチ

Img013

先日昇仙峡の近くで撮った写真から描きました。今朝は起きるのが遅かったので、朝食前に描き込むことができませんでした。

○今日の俳句

 朝ごとに秋茄子肥る日を探る

○水彩画の会

Img_2395

水彩で描いた物をデジカメで撮りブログに載せると、なぜか実際より色が薄くなります。かといってパソコンで色を加減するのもためらわれるので、そのまま載せます。右側の子は写真にはなかったのですが、作りました。

○『文明を変えた植物 コロンブスが遺した種子』酒井伸夫・著、NHKブックス

飛ばしたりしながら、斜め読み。

へえ、そうだったの!と思ったことを書き抜きます。

○ジャガイモ

ジャガイモの人口維持力は小麦の4倍以上

○ゴム

合成ゴムが天然ゴムにかなわない物2は2種類。飛行機のタイヤとコンドーム。

○唐辛子と鳥

鳥は唐辛子を平気で食べる。唐辛子のからさを感じないらしい。

○トウモロコシ

たいがいの主要食物(植物の)は原種が発見されているが、トウモロコシは発見されていない。

トウモロコシは人間が蒔かなければ、発芽できない。野生化できない。

トウモロコシは蒔いた種に対して収穫量が圧倒的に高い。

   小麦     5-6倍

   米       100倍(現在)

   トーモロコシ 800倍(現在) 

○メイフラワー号(ビルクリム・フアーザーズ)

  マサチューセッツ州プリマスに上陸

  プリマスは3年前に白人が持ち込んだ伝染病で、先住民が死に絶えていた。住居も耕作地も、先住民との摩擦無しで手に入れた。

  プリマスに上陸する1ヶ月前、別の土地の先住民が蓄えていたトウモロコシを盗み取っていた。その食料で冬を越した。

  英語の出来る一人の先住民が、ビルクリム・フアザーズにトウモロコシの栽培法を教えた。それで彼らは生き延びることができた。

  肉食文化はトーモロコシが支えている

○キナの木

  キニーネ(マラリヤの特効薬)はキナの木の樹皮から採る。キナの木はアンデスで産出する。

|

« 「仰臥漫録」正岡子規 | トップページ | つばさ俳句会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/42511608

この記事へのトラックバック一覧です: 「文明を変えた植物たち」:

« 「仰臥漫録」正岡子規 | トップページ | つばさ俳句会 »