« ドジ話 | トップページ | 「仰臥漫録」正岡子規 »

2011年10月12日 (水)

妻恋いの句

10月12日(水)

スケッチ

Img011

入間市の彩の森公園です。

今日の俳句

 敬老会職員劇の水戸黄門

 一房のぶどうを貰うボラ帰り

老人介護施設狭山ケアセンターのボラ。本日敬老会。ここには103歳の人が2人いる。ほかに101歳1人、100歳2人。

妻恋いの句

恥ずかしながら、妻恋の句を幾つか。

 病む妻に春のカーテン開け放つ

 骨壺のまだ温かき桜かな

 その席は妻の席なり梅雨の客

 端座して霞の果てに妻棲むか

 餅焼けば亡き妻そこに居る如く

 かにかくに命は哀し鳥雲に

               ぼんくらカエル

|

« ドジ話 | トップページ | 「仰臥漫録」正岡子規 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/42474110

この記事へのトラックバック一覧です: 妻恋いの句:

« ドジ話 | トップページ | 「仰臥漫録」正岡子規 »