« 『父の戦地』 | トップページ | 嵐前 »

2011年9月 1日 (木)

『どうせあちらへは手ぶらで行く』

9月1日

スケッチ

Img005

これも新聞の広告写真から。スケッチもどきですね。

○今日の俳句

 秋風や我が人生に誤字多し

 ハイカラな街に疲れて赤とんぼ

昨日につづいて、今日も1冊読みました。

『どうせ、あちらへは手ぶらで行く』城山三郎著、新潮文庫。

死後、残された手帳に書かれていたことをまとめたもの。その前に書かれた『そうか、もう君はいないのか』を読んでみたくなった。

社協から「手帳を忘れていないか」と 電話あり。そうか社協だったのか、見つからないわけだ。

老人介護施設狭山ケアセンターのボラ。

|

« 『父の戦地』 | トップページ | 嵐前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/41457917

この記事へのトラックバック一覧です: 『どうせあちらへは手ぶらで行く』:

« 『父の戦地』 | トップページ | 嵐前 »