« 脳味噌外出中 | トップページ | 俳句モードは墓参まで »

2011年9月23日 (金)

大宮公園・俳句モード

9月23日(金)

Img023

黒い絵の具だけで描いてみました。コップの中はインスタントコーヒーをうんと薄くしてウイスキーの色にしました。夜なら本物を入れてそのまま飲むのだけれど、朝起き抜けではそれもはばかられる。でも墨1色で描くのだから、色など気にしなくてもよかったのかなあ。

○今日の俳句

 黄金田の山の際にも日照り雨

 休日の稲苅る人に祭り笛

 山際の家それぞれの柿日和

 その昔(かみ)のボート池なり萩の花

 秋の雲映す水面やアメンボウ

 ボート無きボート池なり赤とんぼ

 対岸に走る人いるボート池

 連なって湖面を叩く赤とんぼ

 アウアウと鴉啼くなり秋の池

 笹原に低きは秋のしじみ蝶

○大宮公園

思い立って大宮公園に行きました。大宮は私がはじめて所帯を持った街。もう半世紀も昔のことです。今はすっかり様変わりして、道などもあらかた忘れてしまいました。それでも大宮公園には、5-6度行ったことがあるのかなあ。たしか去年もいったと思う。

どういうものか埼京線に乗ったころから頭が俳句モードになってしまった。

Img_2137

Img_2139

50年前、この池でボート遊びをしたものです。今では1艘のボートもありません。それに水草ばかり生えていて、ボートがあったところで乗れません。でも、この池の正式名称が「ボート池」なんです。「ボート池の護岸工事」をするという標識が経っていたので分かりました。

大宮公園は、元もとは氷川神社の境内だったと思います。大宮の氷川神社は、武蔵の国1の宮で、50年前には、参道に勅使斎館(天皇の使いが休むところ)などがありました。当時だって使ってはいなかったのでしょうが、とにかくそんな建物がありました。その建物、今はほかの利用をしているようです。思い違いでなければ「呉竹荘」なんて言うのがそれだったかなあ。

|

« 脳味噌外出中 | トップページ | 俳句モードは墓参まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/41954246

この記事へのトラックバック一覧です: 大宮公園・俳句モード:

« 脳味噌外出中 | トップページ | 俳句モードは墓参まで »