« 日光白根山 | トップページ | 「生物学的文明論」 »

2011年9月13日 (火)

ハヌマン

9月13日(火)

Img012

今日のスケッチはハヌマンの壁掛けです。その昔タイへ行ったときに買ってきました。

ハヌマンというのは古代インドの叙事詩ラーマヤーナに出てくるサルの大将。ラーマヤーナというのは、バラモン教の教典ブウエーダに属するのかな?今仮に「ブウエ」と書いたが、この部分本当は「ウ」に点なのだ。パソコンでは出せません。

そのハヌマン、原典ではハヌマンというのかどうか知らないが、タイでは人気の英雄らしい。インドの誘拐された王妃を連れ戻すために、大活躍をする。孫悟空のモデルとも言われる。

スケッチの解説が長くなりました。

○今日の俳句

 物憂きかな名月の夜の熱帯夜

○ぼんくら日記

田中歯科へ。まだ消毒の続き。

食料品の買い物。

本屋へ。『「痴呆老人」は何を見ているか』大井玄著、新潮新書。『うぬぼれる脳』ジュリアン・ポール・キーナン著、NHKブックスを買う。

そのほかは一日ぶらぶらしてました。

|

« 日光白根山 | トップページ | 「生物学的文明論」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/41673466

この記事へのトラックバック一覧です: ハヌマン:

« 日光白根山 | トップページ | 「生物学的文明論」 »