« 川越めぐり | トップページ | 心ならずも »

2011年8月22日 (月)

畑打ち

8月22日(月)

○スケッチ

Img022_2 

昨日の神楽です。

○今日の俳句

 雀来て蝉の声ひたと止まりけり

 秋風やめんどうくさいが生きねばならぬ

他の人の俳句以外の文章から、言葉を盗んでしまいました。

○以下、ぼんくら日記

○“災害ボランティア立ち上げ訓練”の説明会

V連の世話人になるといろいろとやることがあり、私は“ボランティアエキストラ”なんだってさ。それで、土曜日に市民会館で行う“災害ボランティア立ち上げ訓練”に参加するのだそうな。午前中、その説明会を社協が行い、参加する。

畑打ち

午後、みちくさの畑の畑打ち。

畑打ち、田打ちの句には良いのがありますねえ。

 畑打つて酔へるがごとき疲れかな

 生きかはり死にかはりして打つ田かな

1句目は竹下しずの女、2句目は村上鬼城。

私が畑打ちしたのは、1時間半ばかり。それで疲れてしまうのだから、年だね。

○『とっておきの話』ちくま文学の森10.

文庫本だが540ページくらいの厚い本。どういうものか、この本の中に、私が読んだものは一つもない。樋口一葉の「にごりえ」を読んでいなかった、なんて言うのは恥に属するけれどね。

安野光雅の『「空想犯」の顛末』(解説にかえて)がまた、すこぶるおもしろい。でふざけて、有りもしない小金井刑務所から「旧年中は世間の皆様にいろいろご迷惑をおかけしました。今年は真人間になって、まじめに働きますので・・・(後略)。という年賀状を出し、その後の顛末を記している。ほとんどの人が本気にしてしまい、訂正して「あれは冗談だ」と言い訳をすると、「冗談が過ぎて」刑務所に入れられたのだと思われたりする。

 

|

« 川越めぐり | トップページ | 心ならずも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/41317841

この記事へのトラックバック一覧です: 畑打ち:

« 川越めぐり | トップページ | 心ならずも »