« 七夕 | トップページ | 梅棹忠夫の本 »

2011年8月 7日 (日)

夏 文学の集い

8月7日(日)

桶川のさいたま文学館へ。

毎年「夏 文学の集い」というイベントをやっているそうで、今年は桑原三郎の講演などである。私も「つばさ」で指導を受ける身なので、会場へ行く。そして懇親会も参加。「つばさ」以外でこんな所にでるのははじめて。

私は耳が遠くなって、講演を聞きながら、みんなが笑うところで、何を言っているのか分からず、往生しました。

講演を終わって、「金子兜太のパネルデスカッション」。

「谷に鯉もみ合う夜の歓喜かな」について、秩父では、自分たちの住んでいるところを秩父谷ということがあるのだそうです。だからこの谷は秩父谷かもしれないと言うことでした。

「果樹園がシャツ一枚の俺の孤島」の果樹園は俳句の世界、俳句会のことを差しているかもしれない、との考えが示されました。なるほどねえ。

帰り、大宮から川越への武蔵野線、事故か何かでかなり遅れました。更に西武線は、落雷事故があったとかで、池袋所沢間が不通になり。所沢から川越間もその影響で大幅遅れ。ダブルパンチだ。

○今日の俳句

 うなぎめし死ぬまで生きるつもりなり

 青嵐足を濡らして谷渡る

一昨日の日野沢三滝めぐりの経験です。

 自転車は百日紅の下くぐりけり

文学の集いに行くため、新狭山駅まで自転車です。

Img005

日野沢の渓流です。

|

« 七夕 | トップページ | 梅棹忠夫の本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/41123600

この記事へのトラックバック一覧です: 夏 文学の集い:

« 七夕 | トップページ | 梅棹忠夫の本 »