« 経済成長 | トップページ | 日野沢三滝めぐり »

2011年8月 3日 (水)

戦争中の標語

8月3日(水)

田中歯科へ。1本目の歯今日型取り。次回かぶせることになる。まだ何本もあるので、これは長期戦ですなあ。

今日、母の命日。終戦の年の8月3日である。終戦が8月15日。どうしても戦争のことを考えてしまう。

あのころはいろいろな標語があった。代表的なものは「鬼畜米英」、「一億玉砕」、「一億一心」、「八紘一宇」、「神州不滅」、「欲しがりません勝つまでは」など。

中でも「欲しがりません勝つまでは」は、学校で毎日唱和させられた。教室の後ろの壁一杯に、「欲しがりません勝つまでは」と見出しのある文が掲げられていて、毎朝授業のはじまる前に全員で唱和した。文の中身は子供の欲しがりそうなものを並べてあった。

たとえば「チョコレートも欲しがりません、バナナも欲しがりません、鉛筆も2本で我慢します、万年筆も欲しがりません」などと、思いつく限りのことが書いてある。そして最後に「欲しがりません勝つまでは」と結ぶのでいた。バナナもチョコレートもとうに手に入らなくなっているのに、それらを思い出させるようにいろいろ書いてありました。

何しろ校長は、「これからの教育は、勉強の方は手紙が1本書けるようになればいい。お国の役に立つ人間を育てることが大切」といっていたようです。私は手紙も満足に書けないけれど、お国の役に立つ人間にもなり損ねました。ごめんなさいね校長さん。

Img003

入間川です昨日現場で線描きだけして、色は今朝です。

○今日の俳句

 一日に二度水をやるナス・キュウリ

|

« 経済成長 | トップページ | 日野沢三滝めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/41066893

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争中の標語:

« 経済成長 | トップページ | 日野沢三滝めぐり »