« 夏 文学の集い | トップページ | やはり俳人の季感は変だ »

2011年8月 8日 (月)

梅棹忠夫の本

8月8日(月)

精障者作業所みちくさへ。畑仕事、木工、竹細工。

梅棹忠夫の『裏がえしの自伝』。

梅棹忠夫の本を最初に読んだのは、この本にもたびたびでてくる『もゴール族探検記』である。中身はほとんど覚えていないけれど、本筋と関係ないところを幾つか記憶している。

道端で竹細工をしている人(だったと思う)を見て、それをどのように分類するか悩んだ末、日本の荘園の雑所のようなもの、と思うことで腑に落ちる話しがある。それを読んで、私は逆に雑所を理解した。

又、日本の風景は美しいので、他国の風景を見ても、感心しない場合が多い。風景に対しては、日本人はすれっからしだ、といったことも覚えている。いまとなっては、はたして正確かどうか分からないけれど・・・。

今西錦司の話も出てくる。今西錦司の本も何冊か読んでいるが、こちらの場合は、どの本が最初だったかなどは覚えていない。これもやはり本筋と関係のないところを覚えている。たとえば、宗教に対する態度だ。キリスト教やマホメット教は、なんでも自分の宗教で間に合わせる。日本人の宗教観はディラーを使い分けるユーザーの関係であり、一神教の人達は、製品はすべて一つのディラーのものを使う、という意味のことをいっていた。これは対談集だったかな。

今、ドナルド・キーンの『果てしなく美しい日本』を読んでいる。その中に結婚式を神前でやり、葬式をお寺でやる日本人の矛盾を書いている。それを読んで、今西錦司の宗教観を思い出しました。

『果てしなく美しい日本』はキーン氏が日本に来て間もなく書いたもので、現在の氏の考えと、必ずしも一致しているとは限りません。宗教について、いまどう思っているかは知りません。

スケッチ

Img006_2

新聞の広告写真からです。こんな絵を描くのは手抜きをしたいときです。

昨日疲れましたからね。最近のスケッチは大概ペンを使っていますが、実はその前に鉛筆でだいたいの型を取っています。ただしペンではその線をなぞるのではなく、多少違う場所に線を引いたりしながら描きます。だから手の線を描き直して2本になった、なんてこともあります。でも気にしないことにしています。

今日の俳句

 薯を掘る草ぼうぼうの中で掘る

 滝壺を出るや谷水ひた走る

 野菜蔓伸びてぼんやり夏の月

 名瀑に泥色混ざる嵐あと(旧作改作)

     

|

« 夏 文学の集い | トップページ | やはり俳人の季感は変だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/41134893

この記事へのトラックバック一覧です: 梅棹忠夫の本:

« 夏 文学の集い | トップページ | やはり俳人の季感は変だ »