« 漫然と秩父の散歩 | トップページ | 水彩画の会 »

2011年5月26日 (木)

膝の体操

5月26日(木)

朝、V連のI女さん来る。七夕飾りと、みちくさバザーの参加を呼びかける原稿を持って。本当に良く動く人です。自分を「マグロのようだ」と言います。マグロは動いていなければ死んじゃうんだって。

午前は、ボラグループの定例会。毎日ブログを書いていると、曖昧な言い方を時々ははっきりさせたくなる。私の属するボラグループの名前は、「たけのこの会」と言います。その「たけのこ」の定例会。今でもまだ、社協に属するボラグループの中では、活発な方に属するでしょう。でも、いにしえの面影はありません。かつての活力はなくなりました。みんな歳をとりますからね。若い人は入ってこないし。

年をとれば、いろいろなことが起きます。親の面倒を見なくてはならない。連れ合いが惚けた。孫の送り迎えをしなければならない。本人が病気になった。体力が落ちて疲れる。エトセトラ。

命を持って生まれれば、必ず終わりがあるわけで、終わりに近くなれば、いろいろ障害も出ます。今年になって、私に顕著に表れたのは、膝の痛さでした。膝の後ろが痛むのです。しばらくは、朝起きたとき、びっこを引かなければ歩けませんでした。

愕然としましたね。私はさまざまな趣味を持っていますが、散歩や山歩きが一番好きです。脚が痛くてはそれが出来なくなります。急いで病院に行くと、「加齢のせい」と言われました。分かっているんだよ、そんなことは。ヒルアロンサンというのかな、膝に注射を打たれたけれど、「加齢のせい」というのではそれ以上行く気にもならず、「気にしないようにしよう」と思っただけです。

その後NHKのテレビで、膝痛に悩む人のストレッチを覚えました。そんな単純なストレッチで、と思いましたが、有効でした。まだ正座は出来ませんが、簡単なストレッチなので、その方法を紹介します。誰にでも合うというわけではないでしょうが、ためしてみる価値はあります。

その方法は、3つの運動の組み合わせです。

そのⅠ

20センチ前後のボールを用意します。そのボールを膝の間に挟み、5秒ほどきつく締め付けます。一度ゆるめてまた締め付けて、これを20回ほど繰り返します。

その2

仰向けに寝て、片足を10センチほど上にあげ、5秒間ほど静止させます。一度ゆるめてまた繰り返す、その1と同じように20回繰り返します。これを両足、行います。上にあげない方の脚の膝を軽く上にあげておく方が、腰に負担がかからないそうです、

その3

横向きに寝て、上の脚を10センチほど上げて、1.2と同じように5秒間静止させて休み、20回繰り返す。反対の脚も同じにします。

この3つを1セットとして、1日3本行うというのが、膝痛解決の1方法でした。他に、薬で治す方法、手術で直す方法などが紹介されました。何はともあれ、自分で出来る方法はストレッチなので、私はさっそく実行しました。もう2ヶ月以上経つと思いますが、今ではほとんど膝痛が気にならなくなりました。膝痛に悩む人、試してみてください。

○今日の俳句

 涼しさや渓谷出合う水しぶき

今日のことを俳句にしたのではなく、今日苦し紛れに作った俳句という意味です。入川渓谷と赤沢渓谷の出会いを思い出しながら作りました。

|

« 漫然と秩父の散歩 | トップページ | 水彩画の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/40145463

この記事へのトラックバック一覧です: 膝の体操:

« 漫然と秩父の散歩 | トップページ | 水彩画の会 »