« 子と孫、来て帰る | トップページ | 胃ガン検診 前方後円墳? »

2011年5月30日 (月)

なんでもありで、なんにも無しのブログ

5月30日(月)

読んでくださっている方はご承知のことですが、私のブログは、思いついたことは何でも書く、なんでもありのブログです。しかし深いものが何かあるかといったら、そんなものはなんにも無しのブログです。読んでくださる方には、「ありがとう」と「ご苦労さん」を同時に言いたい。

今日は精障者作業所「みちくさ」に行きました。月曜日のボラです。

朝1番で畑へ。雨が激しく降っていました。きゅうりの蔓がが伸びてきているはずで、支柱に結ばなければと思ったのです。畑をやるということは、場合によっては、雨でも畑に行かなければならないと言うことでもあるのです。私は原則として月曜日しか「みちくさ」に行きません。そして畑は私が管理しているのでやむを得ないのです。

一緒に行ったのは、スタッフのKさん、メンバーのKさん。二人ともウンザリしたかな。

畑から帰ると雨は小降りになり、間もなく止みました。時間をずらせば良かった。私の判断も相当悪い。

私は今年、ベランダ菜園もやっている。両方含めて「初心者の菜園日記」とでもする方が、読む人の興味を引くだろうか?

このブログ、山、俳句、水彩画、ボランティア、家庭菜園、散歩、スケッチ。とにかく間口は広いのです。残念ながら奥行きがありません。

Img_1515

「みちくさ」の畑です。 写真の中に見えているのはジャガイモ、きゅうり、などです。オクラも芽を出しているようです。そのほかにも幾つかあるのですが、写真で分かるのは雑草くらいです。

畑の野菜とベランダの野菜、今後、たまには報告致します。

明日、健康診断。胃ガンの検査もいたします。間もなく飲み食い出来なくなります。今の内に飲まなくては・・・アル中の辛いところです。

○今日の俳句

 なす苗を支柱に結ぶ雲荒らし

 山小屋を早朝に起つ狭霧かな

 富士見せて山霧開く日の出かな

2句目、3句目は記憶で作っています。それに、霧は秋の季語ですね。山小屋は、早朝に起つのが通例です。日の出前です。

つばさ俳句会代表の今坂柳二さんに、「山の句を作ったらどうか」と言われてから、なんとなく山が気になります。今坂さんのように、マラソンと野球だけで通すようなことは、私には出来ませんけれど・・・。

|

« 子と孫、来て帰る | トップページ | 胃ガン検診 前方後円墳? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/40195729

この記事へのトラックバック一覧です: なんでもありで、なんにも無しのブログ:

« 子と孫、来て帰る | トップページ | 胃ガン検診 前方後円墳? »