« 子供天国 | トップページ | 再び、がんばれについて »

2011年5月16日 (月)

がんばれ、について・ベランダ菜園

5月16日(月)

精障者作業所「みちくさ」へ。

オクラの種を蒔く。少し遅いのだけれども、まだ大丈夫。

「がんばれ」と云う言葉は、がんばっている人を励ます言葉だったと思う。それがいつの間にか、がんばっているのに「がんばれ」なんて言われたくない、などといわれるようになった。がんばっている人に、がんばれとは言えないような雰囲気になった。

元横綱の朝青龍はいろいろ話題の多い人だった。その朝青龍、ファンに「がんばれ」と言われて暴力事件を起こしたことがあると記憶する。朝青龍は「頑張りがたりないからもっとがんばれ」と言われたように思ったのではないか。ファンのほうは、そんなつもりではなかっただろう。

人に向かって、「がんばれ」とは云いにくい世の中になった。そのせいかどうか、「がんばらないで」などという言葉が、優しさを示すような言葉になってきた。

でもね・・・、今がんばっていて、これからも頑張らなくてはならない人に、「がんばらないで」と言うのもおかしい。「そんならお前ががんばらなくても良いようにしてくれるのか」と反論されたらどう答えるのか。

東日本大震災後「がんばれ日本」と盛んに言われる。少々押しつけがましく聞こえもする。しかし「がんばれ」の元の意味に返った使い方である。罹災者が避難所でがんばっているのに、まさか「がんばらないで」とは言えないよね。

とは言え、「がんばれ日本」だから良いので、「がんばれお前たち」なんて言ったら張り倒されるよ。

ベランダ菜園をはじめました。ナス、キュウリ、ミニトマトの苗をそれぞれ2本ずつ植えました。苗を買いプランターを買い、土を買い、なんやかやかかった費用が3.000円。とすると、1本から500円分の野菜が取れなければ赤字だ。たとえばキュウリ、3本100円として15本、ウーン、採算的には無理ですな。

Img_1476

野蒜を戴きました。

Img_1479

このあと野蒜に味噌を付けて酒を飲みます。

○今日の俳句

 身の丈に合わねば原発の傷深し

|

« 子供天国 | トップページ | 再び、がんばれについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/40013639

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ、について・ベランダ菜園:

« 子供天国 | トップページ | 再び、がんばれについて »