« 井の頭公園などを歩く | トップページ | きょうも「ほこり高き男」になる »

2011年5月23日 (月)

叩けば埃の出る体

5月23日(月)

精障者作業所「みちくさ」へ。

畑の後は、木工作業所の大掃除。取り寄せたスチールの棚2台が来たので、その場所作り。作業所には何やかやとどうでも良いような物が沢山入っているので、整理して、捨てるものは捨て、棚を置く場所を作る。棚を組んでセットして、あるべきものをあるべき場所に収めて、1日がかりの仕事です。

1日がかりと言っても、実際には3時間くらいです。Kさん、Nさんとぼんくらカエルの3人がかりでした。仕事が終わると、3人とも埃だらけ。「埃高き男」となりました。「誇り高き男」なら良かったのですが、「埃高き男」では冴えないね。みんなでばたばたと埃を払い、背中などは他の人に払って貰いました。つまり、3人揃って「叩けば埃の出る体」になったのです。

○今日の俳句

 蝉時雨死なないお化けになりたしや

狭山市辺り、まだ蝉時雨には早いのです。だからこれは頭で作った俳句。芭蕉の俳句と、ゲゲゲの鬼太郎の唄の組み合わせですね。

NHKテレビで、「嬉しいな~楽しいな~お化けは死なない~」なんて唄ってましたよ。

|

« 井の頭公園などを歩く | トップページ | きょうも「ほこり高き男」になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/40103069

この記事へのトラックバック一覧です: 叩けば埃の出る体:

« 井の頭公園などを歩く | トップページ | きょうも「ほこり高き男」になる »