« 再び清雲寺 | トップページ | にわか大工 »

2011年4月18日 (月)

分からないことを言う

4月18日(月)

精障者作業所「みちくさ」へ。

畑ではジャガイモが芽を出していました。

私が原発について何かを言ったとしても、原発のことを分かって言っているわけではない。そしておそらく国民の大部分も、原発についてはよく分かっていないのである。

私に分かっているのは、原発は危険だということだけである。原発の専門家が、日本の原発は絶対安全だと強調していたときも、それを信用してはいなかった。

核爆発を人間が操ろうとすることに、危険を感じるのである。それをエネルギーとして平和利用するのだと言うけれど、まかり間違えば、人類を滅ぼしかねないものだ。どんなに用心して扱ったところで、いつか想定外のことが起きる。想定外のことは起きないと勝手にきめて、原発の安全神話が作られたのでしょう。

人間同士でも、人間と自然でも、想定外のことなど、くり返し起きています。それとこれとは違うと言われそうだけれど、織田信長が明智光秀の謀反にあったのだって、信長にしたら想定外だったでしょう。自然のことを分かったつもりでいても、人間の分かっていることなどたかがしれています。今回の地震も津波も想定外だそうですが、その危険をかねてから主張していた専門家が何人もいたようです。実は想定外でさえなかったんですね。

私は原発について、何も知りません。しかし、想定外のことが起こりうることを知っています。事故が起きたときに、人類を滅ぼしかねないほど危険なものを、人は扱うべきではないと考えます。

○今日の俳句

 ジャガイモの不器用な芽が顔を出す

|

« 再び清雲寺 | トップページ | にわか大工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/39662380

この記事へのトラックバック一覧です: 分からないことを言う:

« 再び清雲寺 | トップページ | にわか大工 »