« 見沼田んぼを歩く | トップページ | 誰にも自分の物語がある »

2011年4月21日 (木)

原発作業員は人間だぞ!

4月21日(木)

狭山ケアセンターのボラ。

福島原発の作業員は今も安全を回復すべく、危険な作業を続けている。東電は、その作業員の被爆線量を、管理手帳に記載していない人もあるんだって。それじゃあ、その人がどれだけ被爆したか分からなくなるじゃないか。どうなっているんだろうね。

ネクタイを締めてマスコミの会見に応じる東電職員は、作業着を着ていたって、危険な現場に入っていないのだろう? 現場の作業員は、いわば手駒として使われているのだ。そして、ネクタイを締めている人の方が地位は高い。しかし危険なのは現場の作業員だ。その現場の作業員の被爆線量くらい、きちんと管理しろよな! 作業員は使い捨てではないんだぞ!

昨日行った田沼田んぼのスケッチ。芝川の土手に座って、同じ位置で、角度を変えて描いた2枚です。食事をして、ワンカップを飲みながらネ。

Photo

Photo_2

○今日の俳句

 雨もよい街路樹として八重桜

|

« 見沼田んぼを歩く | トップページ | 誰にも自分の物語がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/39699934

この記事へのトラックバック一覧です: 原発作業員は人間だぞ!:

« 見沼田んぼを歩く | トップページ | 誰にも自分の物語がある »