« 人間のけなげさ、偉大さ、悲しさ | トップページ | 過剰反応と精神主義 »

2011年3月20日 (日)

多峰之主山 御岳八幡神社

3月20日(日)

御岳八幡神社の周囲の木が切られたということなので、今日はハイキングがてら、それを確かめに行く。

飯能ー天覧山ー多峰之主ー御岳八幡神社ー吾妻峡ー飯能河原というコース。

天覧山の周りは実に良く整備された、というか、整備されすぎたという感じだ。山頂にあった茶屋はなくなっている。

多峰之主山についたのはちょうど昼頃。、10人くらいの人で賑わっていた。昼食。私の傍に座っていたひとが

「飲みますか?」といってワンカップをさしだす。

「いえ、私も持っています」。

それからは酒好き同士の世間話。最近の多峰之主山は、もっと多くの人が来ていることが多いんだってサ。

御岳八幡の周りは、なるほど木が切り払われている。

Img_0901

見晴らしが良くなったところでスケッチを一枚。

「子供がボランティアで御嶽山の周りを整備するグループに入っている」という老夫婦に会う。「きれいになったから行って見ろ」と言われて登ってきたのだそうである。普段なら、あまり山に来そうな雰囲気の人ではない。

Img_0887_2

これは多峰之主山側だけれど、山道の整備というと、すぐ階段を作る。そしてハイキングなどする人は、階段は歩きにくいので、その階段の横に細い踏み跡を作るのである。本当に階段が欲しいところもあるけれど、大概は、作られた階段を避けて通りたくなる。変なもんだ。

Img_0902

飯能が藁でスケッチ。

○今日の俳句

 山ノ茶屋取り払われて春景色

Img_0885_2

天覧山の茶屋のあった辺りからの見晴らしです。

 家も道も地球の瘡蓋杉花粉

 人にあらず去年の落ち葉の走る音

|

« 人間のけなげさ、偉大さ、悲しさ | トップページ | 過剰反応と精神主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/39302044

この記事へのトラックバック一覧です: 多峰之主山 御岳八幡神社:

« 人間のけなげさ、偉大さ、悲しさ | トップページ | 過剰反応と精神主義 »