« 薯を植える | トップページ | 過剰反応 »

2011年3月15日 (火)

計画停電

3月15日(火)

突然だったので時間ははっきりしませんが、わが家の辺りも計画停電がありました。午後6時半頃から多分2時間ばかり、停電しました。我が狭山市は、いくつかのグループに入っていて、どうやら送電線か何かのあり方で決まるらしく、私の所がどのグループなのかさっぱり分かりませんでした。東電のホームページを見れば分かるらしいんですけどね。

暗い中でローソクを点け、ケータイで娘たちにメール。今日は停電だからブログを書かないよ。何かあったせいではないよ、といった内容だ。なにしろ、「何のことわりも無しにブログを休んだら、俺の身に何かあったと思え」といっているのである。私が発狂してひっくり返ったとでも思われたら大変なのだ。

春宵価一刻千金というのは、電気がなかった時代の話し。行灯やロウソクを灯して春の宵を楽しむのが本意。いや、違うかな。まだ灯りをつける前の、薄暗いときのことだろうな。テナことを考えながら、酒を飲みました。すると知人から、「こんな時は酒を飲んで寝るしかない」なんてメールが来ました。

で、私も飲んで、さて寝ようかと思ったら、電気が点きました。そんなわけで今ブログに向かっています。

それにしても今度の地震、私たちは停電に文句を言う程度ですが、被災された方々、本当に大変ですね。といって、私に何が出来るわけでもないし。

○今日の俳句

 地震あとのローソクで飲む春の酒

不謹慎で済みません。災害に遭わなかった人間の身勝手ですが、憂い顔で過ごすわけにも行かないのです。「地震」は「なゐ」と読みます。地震の古語で、俳句などでは今でも使います。

 春の夜の灯心揺れて影も揺れ

 直すべき扉のある幸せ春の午後

今日、家の中の扉の立て付けを直しました。

|

« 薯を植える | トップページ | 過剰反応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/39241005

この記事へのトラックバック一覧です: 計画停電:

« 薯を植える | トップページ | 過剰反応 »