« 山の会総会、その他 | トップページ | 多峰之主山 御岳八幡神社 »

2011年3月19日 (土)

人間のけなげさ、偉大さ、悲しさ

3月19日(土)

今度の天災と人災で、人間というものがいろいろと見えてきます。世の中には変な人も沢山いるけれど、普段は気づかずに過ごす、普通の人のけなげさ、誠実さ、善意、など数々の偉大さに気づかされます。自分も災害に遭いながら、人々のために尽くしている人達。普段は目立たない市井の人が、気力を振り絞って、活動している姿が、多くテレビで紹介されるようになりました。見ていると涙ぐみ、頭が下がります。

現地にいて、怪我もなく、健康で元気ならば、何かせずにはいられない気持ちになるであろうことは、私にも分かります。でも、皆さん、疲れたら少し休んでください。

命あるものの虚しさ、悲しさ、そして勇気、さまざまなことを考えさせられる災害です。

今日は俳句の会。会場は狭山市の社会福祉会館。帰りに、チャリティーで里芋を買ってくれと言う。誰かがサトイモを寄付して、それを売り、被災地に寄付をしようと言うのである。私に出来ることは、そんな里芋を買ったりすることくらい。それぞれの立場で、出来ることをするしかない。

俳句の会の結果は、惨憺たるもので、ここに書かない方が良いくらいです。で、それとは別に、

○今日の俳句

 身の丈に合わぬ原発煙立つ

経済成長のためのエネルギーの必要から、原子力を利用してしまった私たち。こんなものを利用するのは、人間の力に余るものだったのだ。何でもかんでも、成長さえすれば良いというものではなかったのだ。今はそんなことを言うべき時ではないけれど・・・。

 巣作るな去年もカラスの襲いし樹

|

« 山の会総会、その他 | トップページ | 多峰之主山 御岳八幡神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/39290368

この記事へのトラックバック一覧です: 人間のけなげさ、偉大さ、悲しさ:

« 山の会総会、その他 | トップページ | 多峰之主山 御岳八幡神社 »