« 過剰反応 | トップページ | 山の会総会、その他 »

2011年3月17日 (木)

ブログのことなど

3月17日(木)

東北地方の大地震と大津波、それだけでも大変なのに、福島の原発事故。一体どうなるのだろう。

こんな時に、のんきにブログを書いているなんて、自分でもどんなものかと思ったりする。

元来このブログ、元気で生きているよ、という、子どもたちへのメッセージとした書いているのである。電話でもなんでも済むのだ。所が、習い性になるというのか、習慣は第二の天性であるというのか、癖になってしまって、書かないと気持ちが悪い。

私のブログなど、書こうが書くまいが、世間にはどうでもいいことだ。しかるに世の中には、少数であるがこのブログを読んでくれる気まぐれな人もいる。そんな人だって、大抵は、なんだまた下らないことを書いていると思っているはずである。

私が毎日ブログを書いている、などと言うと、よほどパソコンに熟達していると思う人がいる。私をよく知る人は、誰もそうは思わないけれど、ちょいとした知り合いだとそういう誤解も受けるのである。なあに、私のパソコンについての知識や技術など、小学生にも劣る。こんな書き方をすると、謙遜して書いていると思う人もいる。はばかりながら、私は自分を実力以上に見せたい気持ちはあるが、謙遜などとは無縁の人間です。まあ、事実を事実として書くことは、割合多いと自分では思っているけれども・・・。これはのぼせかな?

新聞や本などに書かれていることは、真実の場合もあるけれど、間違いだって少なくない。ましてブログやtwitterに書かれていることなど、玉石混淆というか、玉・石・石・石みたいなもので、下らない情報が多いのである。考えてみてください、私みたいなものが、知ったかぶりをして書いているのです。間違いが多いに決まっているじゃないですか。

とは言うものの、ブログやtwitterにもたまには玉もあります。どれが玉で、どれが石かを判断するのは、あなたです。権威だけに頼ってはいけません。

話しが何だか。はじめに書こうと思っていたこととは違う方へ来てしまった。

地震があっても津波があっても、原発の由々しき問題があっても、それを心配してはいるのですが、冗談も言えば、下らないことも考えるのが人間です。四六時中憂い顔でいるわけにはいかないのです。

憂い顔の騎士といえばドン・キホーテ。私の脳味噌はドンキホーテみたいなものだけれど、少し違うのは、死ぬ間際でも冗談を言いそうだと言うことです。悲しいときこそ、笑いたいじゃないですか。悲しい人ほど笑いたいのです。

何だか、支離滅裂だなあ。

○老人介護施設、狭山ケアセンターへ。施設長のKさん、今月末で引退するそうです。77歳だとか。ボラを終わって、しばらく雑談。

○今日の俳句

 自然は美自然は脅威春の富士

Img_0855

我がマンションから見る今朝の富士です。自然の脅威と自然の美しさ、人間の無力さ。

|

« 過剰反応 | トップページ | 山の会総会、その他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/39266885

この記事へのトラックバック一覧です: ブログのことなど:

« 過剰反応 | トップページ | 山の会総会、その他 »