« 非ブランド志向 | トップページ | つばさ俳句会 »

2011年2月18日 (金)

こぶし交流会

2月18日(金)

水彩画の会。こぶし交流会。

水彩画は1時半から4時半くらいまで、こぶし交流会は4時から6時まで。

水彩画を1時間ほど描いて、一度家に帰り、バスを乗り継いでこぶし交流会へ。

こぶし交流会・・・精障者のための福祉法人こぶし福祉会の、各施設、家族会、後援会、ボランティアなどの代表会議。出席14名。「こころの健康についての基本法を求める署名について」(長いねえ)と、所沢、入間市、狭山市の障害者福祉団体が彩の森公園で行う「第1回ふれあい祭り」についての討議と報告。続いて各施設の課題、家族会の現状、後援会のあり方、ボランティアの問題点などを話しあい、時間は40分オーバー。総論ばかりではなく、具体的な行動が求められる時期なので、問題が多いのです。

俳句に一般的な技法はあるまい。虚に浮かぶその時々の人生の思いを、17字にぶっつけて、工夫は1句1句のあろう。森澄雄『俳句への道』より。

○今日の俳句

 母と子にゆっくりうごく春の雲

|

« 非ブランド志向 | トップページ | つばさ俳句会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/38924570

この記事へのトラックバック一覧です: こぶし交流会:

« 非ブランド志向 | トップページ | つばさ俳句会 »