« 加齢に依るのです | トップページ | 蕗の薹 »

2011年1月19日 (水)

智光山公園へ

1月18日(火)

入間川病院の向かい側の薬局で、処方箋の薬を貰う。痛み止めと、薬で胃を荒らさないため中和する薬と、貼り薬である。要するに対症療法の薬である。ま、そんなものだろうと思いましたけれどね。

どこかの食堂で昼にしようかと思ったのだけれど、思い直して、コンビニでワンカップとおにぎりを買い、智光山公園に行く。天気は良いし、青空の下で食べる方が、食堂で食べるよりも気分が良い。おまけに安い。歩けば運動にもなる。

智光山公園の中の高台、緑化相談所の前のベンチで、バラ園や芝生を見下ろしながら食事。隣のベンチに座った老夫婦ととりとめのない会話を交わし、しばらくのんびりと、日射しを楽しんだ。

俳句が沢山出来ちゃった。私の俳句だから、どうせ月並み俳句だけれど。

○今日の俳句

 白髪の犬ひく人や枯れ芝生

 剪定ののこぎりキラリ冬日射し

 大枝にまたがり冬の植木職

 飛行機の音だけがする冬の空

 白髪とボールと孫と冬日和

 冬の雲枝に掛かりて動かざる

 冬の日や加齢の痛みと医者は言う

 うららかや弾丸飛びに冬雀

雀は羽根を何度かばたつかせたあとで、羽根をすぼめてつぶてのように飛んでいくときがある。私はこれを、弾丸飛びと名付けている。私だけの用語だから、俳句に使うのは良いかどうか。

 首出して蒲団を叩く冬の午後

帰る道筋で見たものをそのまま書きました。

今日から時々、句文集を書きます。その日は、ぼんくら日記と句文集の2本立てになります。

|

« 加齢に依るのです | トップページ | 蕗の薹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/38532211

この記事へのトラックバック一覧です: 智光山公園へ:

« 加齢に依るのです | トップページ | 蕗の薹 »