« 明日は山に行くぞ | トップページ | なるようになるさ »

2010年12月27日 (月)

今年最後の山行

12月27日(月)

山行と言ったって、本当は丘歩きのようなもの。

コース

飯能駅~天覧山~多峰之主~巾着田~宮沢湖~飯能駅

本当は、多峰之主から天覚山二いこうと思ったのですが、私たちが昔通った道は通行止めで、それでもかまわず進んだら、宅地造成の工事をして、バブルがはじけて放棄されたらしい土地に出た。

Img_0425

この芒、見てください。全部造成されて放棄された土地です。それも、此処だけではないんですよ。いつか読んだ川柳に

 ハイキング此処にもあった造成地

と言うのがありました。

中に入ると、こんな具合。

Img_0426  

Img_0427

芒の原野です。ばかばかしくなって引き返し、高麗駅側に降りて、巾着田へ。そこで昼食。酒盛り。そう、今日はガスやら水やら食料を持ち込んで、いわば山の忘年会をやろうという趣向でした。みんなザックの中は、いつもより重いのです。参加者は、Sさん、Kさん、Hさん、それのぼんくらカエル。

昨日まで、欲求不満がたまっていました。今日は一気に解放されました。丘歩きに過ぎないけれど、天気は良いし、良かったなあ。

巾着田から宮沢湖へ。

Img_0430

なんと悲惨でしょうか。これは巾着田から宮沢湖に向かうために高麗川を渡るドレミハ橋の姿です。

Img_0433

そしてこれは宮沢湖への道。整備されて歩きやすくなったと言えばその通りだが、味気なくなったとも言える。

○今日の俳句

 山の端の霜置く道を歩みけり

|

« 明日は山に行くぞ | トップページ | なるようになるさ »

コメント

11月中旬に宮沢湖畔にある日帰り温泉に行き、湖を一周して
帰りました。話しには聞いていましたが、近場でこんなにすばら
しい紅葉が見られ、ほんとに吃驚しました。
宣伝が行き届いていれば見物客で歩行もままならないはずと思いましたが、なんと一周の内に出会ったのはわずか10人ほど。
翌週、高尾山に登りましたが、こちらはたいした紅葉でもないのに人人。
宣伝の怖さを知りました。

投稿: 水谷眞次郎 | 2010年12月30日 (木) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/38236640

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の山行:

« 明日は山に行くぞ | トップページ | なるようになるさ »